美容整形(豊胸・脂肪吸引・二重整形・鼻整形)は医師の考え方や美容外科のクリニックの機器によっても、選択できる施術方法が違ってきますので、しっかりと確認する必要があります。

脂肪吸引するならVaserの認定医

脂肪吸引の最新機器Vaser2.0を使いこなせることが期待できます。そうすると脂肪吸引手術における失敗もなく、いい仕上がりが期待できます。また、脂肪吸引のような外科手術においてはダウンタイムの非常に重要ですが、このような医師なら腕がいいのでダウンタイムも短く、痛みも少ないことが期待できます。

失敗すると他の美容外科でもう一度脂肪吸引をする必要が出てくると費用もかさみます。そう考えると腕のいい美容外科医を探すことが脂肪吸引のような美容整形では非常に大切だと言えます。

脂肪吸引から得られるメリットは大きい

脂肪吸引によって得られるメリットは2つあります。1つは体のラインを絞り込むことができることです。女性はスタイルが大事とされていますが、お腹周りを中心に脂肪がつきやすい状態となっていて、ぽっちゃり体型に見られることが多くなります。

ぽっちゃり体型を脂肪吸引によって解消して、モデル体型に持っていくことも可能です。もう1つは、脂肪の吸引によって得られた脂肪によって、豊胸手術を受けられることです。豊胸によって、胸のサイズを大きくして、お腹周りはスッキリとさせることも可能な方法で、脂肪の吸引は2つのメリットを同時に得られる可能性もあります。

脂肪吸引の期待と現実を知る

脂肪の吸引サービスを受けたいと思っている人の中には、過剰な期待を持っていることもあります。脂肪を取り除くことで、モデルと全く同じ体型に変わるものと思っていますが、脂肪吸引で筋肉が増えるわけではありません。

脂肪を取り除くだけで、不足している筋肉は自分で増やすこととなりますので、脂肪の吸引が終わった直後は、そこまで筋肉質なイメージを作れないのです。お腹は脂肪がない程度で、少し華奢に見えるようなイメージのほうが強くなるでしょう。脂肪吸引の期待を持っている人は、現実として筋肉を鍛えたほうが綺麗に見えると思ってください。

大きな脂肪吸引は数日の入院が必要

脂肪吸引は、意外と大きな美容整形に該当しています。脂肪の吸引を行うだけのように思われますが、メスを入れて器具を挿入するなどの作業がありますので、長時間の手術が必要になります。

脂肪吸引を受けたいと思っている場合には、数日間入院することを踏まえて、予定を作っていくことが大事になります。また、予約を入れる場合には、入院することを想定して、事前に準備をする時間をもらってください。脂肪の吸引が行われるまでに、準備する時間を上手に作って、家で必要な作業を行っておくのです。同時に体調管理も徹底して、手術を受けやすくしましょう。

脂肪吸引でVaser導入が増えている

脂肪吸引を行っている美容外科にとって、最短で脂肪を吸引できるような方法を持っているVaserは魅力があります。多くの人が良いように感じられ、しかも患者さんにとって負担が小さいということもあり、美容外科としては導入を検討しています。

脂肪の吸引だけしか活用できないのですが、それでも脂肪吸引を早められる効果があったり、脂肪が多く残されている方でも取り除けるなどのメリットを持っています。Vaserの力は日本だけでなく、世界でも認められているものです。多くの国で認められているからこそ、導入を検討している病院が多いのです。

一般社団法人 大阪府医師会

〒543-8935
大阪府大阪市天王寺区上本町2丁目 1番22号

大阪府医師会館

大阪市営地下鉄谷町線谷町6丁目駅下車(南3番出口)

http://www.osaka.med.or.jp/

公益社団法人 東京都医師会

〒101-8328 東京都千代田区神田駿河台2-5 TEL:03-3294-8821

https://www.tokyo.med.or.jp/

脂肪吸引関連

大阪、東京には多くの美容外科があるのでどの美容外科がいいのか迷ってしまいます。

本サイトでは脂肪吸引、豊胸手術、二重整形(二重まぶた)、鼻整形(隆鼻)、美容整形の情報を掲載しております。脂肪吸引、豊胸手術、二重整形(二重まぶた)、鼻整形(隆鼻)、美容整形の情報を今後増やしていきます。

脂肪吸引、豊胸手術、二重整形(二重まぶた)、鼻整形(隆鼻)、美容整形以外の情報のお問い合わせはこちら

メニュー

TOP 二重まぶた 鼻整形 脂肪吸引 豊胸 美容外科